🐥

主に創作で活動しています。創作っ子の設定置いたり、拙いお話を書いたりetc

魔学っ子設定

テスト前ってこういうのすごい作りたくなる>><<

*カミーユ・ミハルコフ(女)
『ブルーブロッサム寮所属 高等部一年生
水の魔法と変身魔法が得意 男装しているが実は女 頭に蝙蝠の羽が生えている 使い魔は妖精(エリーゼことエリちゃん)』
 
ミハルコフ家長女で、次期家長と言われている。ミハルコフ家が男家系であるせいか思考がどちらかと言えば男性寄り。また気まぐれ屋でもある。弟フォーカとの仲は良好
両親の手違いで男子生徒用の制服が届けられてしまったが、刹那主義であるためそれはそれで楽しそうだと割りきって着ている。蝙蝠の羽を本人は飾りだと否定しているが、本当に嬉しいと動く



*フォーカ・ミハルコフ(男)
『ブルーブロッサム寮所属 中等部三年生
雷魔法と封印魔法が得意 鼻筋が整っている美形で花のような桃色の髪をしている 使い魔はネズミ(ドルべ)』

ミハルコフ家次男。家訓のせいか女の子には優しく、おかげでそれなりにモテている…と思う()男に全く興味がないため冷たく接してしまうこともある残念な美形
恋愛に対してかなり覚めきっていたときにヴィオラちゃんと出会い、普通の女の子と違うという点から興味を持ち始めた



*イリス・アルヴィーエ(女)
『スノーグローリー寮所属 中等部一年生
聖の魔術と薬草栽培が得意 海のように青い瞳を持つ ひそかにファンクラブがある 使い魔は狼(ユン)』

ツン要素が多いツンデレ。整った顔立ちのせいか昔から男性に好意を寄せられることが多い反面女性から因縁をつけられることも少なくなかった。女友達が極端に少なく本人は欲しがっているが、性格と容姿が相まってなかなか出来ない
カミーユの変身魔法の力を借りて年齢不詳でモデル活動をしている。インタビューやテレビの前で自身を語ることを嫌いファッション雑誌およびコレクションのモデル、CMにしか出ないため登校日数に支障はないが勉強する時間があまり確保出来ず頭はそこまで良くない。なお、モデルであることはトップシークレット



*イレール・エヴル(男)
『ガーネットリリー寮所属 高等部三年生
聖の魔術と呪札制作が得意 雪のような白い髪で古代魔術の読解が得意 使い魔は白猫(ユキ)』

とある事情から視力と免疫力が著しく低下しているため、目はほとんど見えていないうえ体が弱い。ぼんやりと物体を捉える程度しか見えていない。
普段は保健室で使い魔と一緒に遊んで過ごし、授業は必要数以上は参加しないことにしている
魔法使いでありながら魔法が大嫌い。通常の魔法使いの倍以上の魔力を持つが、本人は使いたがらないし有効な使い方を知らない
なお、この名前は本名ではない



*シェールイ(男)
『ブルーブロッサム寮所属 高等部一年生
氷魔法と召喚魔法が得意 頭に猫耳が生えている
魔術媒体は魔術書で使い魔は蝶』

灰色の髪にブルーの瞳
初対面の人をかなり警戒するが、心を許すと懐く
どちらかといえば寡黙な方で、自分からペラペラ喋ることはない
心に決めた一人の人への忠誠心は高く、誰にでも媚びるタイプではないが撫でられると喉は鳴らすかもしれない()
魔術書がないと魔法が全く使えない。召喚魔法で使い魔の蝶を大量に精製し、その蝶が何か物体に触れることで魔法が発動するしくみになっている
強い目的があって学園に入った













↓以下裏話(いらない)(あくまでも裏話)


*魔力量比べ
イレール>>>カミーユ>>>>シェールイ>フォーカ>イリス
 ちなみにシェールイは通常よりほんの少し上くらい
      

*アルヴィーエ家について
昔は大規模な芸能事務所だったが、イリスの母親の死去と同時に破産と他事務所にタレントをヘッドハンティングされたことが重なって潰れかけていたところをイリスが代理モデルとして雑誌に出ることになった。そこから人気が出始め、今ではイリスはコレクションのモデルやテレビCMの仕事も請け負っている

*フォーカとイリスについて
ミハルコフ家とアルヴィーエ家の当主の奥方は実は姉妹で、カミーユ、フォーカとイリスはいとこ同士にあたる。アルヴィーエ家がまだ勢力があった頃、イリスとフォーカは婚約していたが、後にお互いに好きな人ができたし婚約は破棄しましょうとなったことがある。(日本だといとこ同士の結婚は可能なので…!)


*エリちゃんについて
カミーユの魔力量が多かったために呼びだされてしまった上級の精霊。気まぐれ屋で楽しいこと好き。気分で人の願いを受け入れることがある。ただしかなり気まぐであり、叶った本人は「運がいいなー」くらいにしか思わない程度の願いしか叶えないことが多い。
フルーツサンドが大好きだが最近は中華も好む


*シェールイについて
耳と尻尾は許可なしで触ると怒る
"彼"失踪でバタバタしていたこともあって去勢手術は行っていなく、マタタビがかなり効く。酔うというより性的興奮を促す作用の方が強い。ただし過剰摂取すると呼吸困難で死亡するケースもあるのでほどほどに…( ˘ω˘ )