読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🐥

主に創作で活動しています。創作っ子の設定置いたり、拙いお話を書いたりetc

転生学戦っ子について設定

神崎 結愛(かみさき ゆあ)♀
記憶無
 神城 唯亜の転生後。裕福な家庭で生まれ育つ。前世のことはうっすら夢で見ていた程度だったが、元神城邸に引っ越すことになり、唯亜の部屋の机の引き出しにあった雪稀ちゃんからの手紙を読んだことをきっかけに全てを思い出す。引っ越してから学校も変わったため、雪稀ちゃんが見つかればいいなと思っている反面、見つからなかったとしても彼女が幸せであればとさえ思っている。

(唯亜は結婚式の日に、雪稀ちゃんの手紙を読んで自殺したため、両親に捨てられることを危惧した時雨の計らいで唯亜の部屋の机の引き出しに隠したことになっている)


井野 陽奈(いの あきな)♀
中学1年生
記憶有
 井ヶ崎 陽の転生後。裕福な家庭で生まれ育つ。真白とは姉妹の関係。かつては陽と同じくおどおどした性格であったが、あることをきっかけに虚勢を張っているが内心びくびくしっぱなしである。秀兎くんと同じ学校に通い、初めは警戒していたが、最近は信頼を寄せている。成績は中の中でやはり運動音痴。強運の持ち主。

井野 真白(いの ましろ)♀
高校1年生
記憶無
 井ヶ崎 白夜が戻るまでの人格。裕福な家庭で育つ。陽奈とは姉妹の関係。宇唯とは幼なじみで、所謂お嬢様学校に通っている。文系人間かつ数学(と理系)アレルギーで、理系教科の点は壊滅的。読書家で亮哉くんの本を愛読している。おしとやかな上、顔立ちも整っているためそれなりにはモテたが全部断ってきたことから一時期レズ説が流れていた>>><<<前世のことは幼い頃から夢で見ており、白夜に関しては陽奈から知らされているため認知済み。

白夜
 真白に宿る人格。相変わらず理系人間。初めはコンプレックスである顔のことで情緒不安定であったため、真白としょっちゅう交代していた。女の子に転生したことで祐斗くんとは会いたくもあり会いたくない


一之瀬 壱翔(いちのせ いちか)♂
23æ­³
記憶有
 渡世 二千翔の転生後。ごく普通の家庭で生まれ育つ。高校を卒業してから前世の戦闘に関する身体能力と知識を生かすべくアクション俳優となる。演技とは思えないアクション、ルックス、明朗快活な性格から徐々に注目を集め、今では日本では珍しい売れて人気なアクション俳優の地位を確立させる。前世で関わりのあった人とは機会があれば会いたいと思っている。なお琉也くん亮哉くんとコラボして映画出演しないかなと中の人が思ってます>>><<<


宇唯と真白の学校について
中流家庭〜富裕層の子供が通う学校で、男女別学であるため普段は別々の校舎で勉強している。校舎は隣接しており、無断で行き来することは原則禁止。勉強のカリキュラムは性別に合わせて微妙に異なっている。なお体育祭、文化祭は一緒に行う



三芦 隼冬(みよし はやと)♂
21歳 大学2年生
記憶有
 芦屋 陵の転生後。裕福な家庭で生まれたが、父親の会社が経営不振となったため今はバイトをしつつ生活をやりくりしており、それに伴って井野邸の隣にある井野家が貸し出している小さな一軒家に住んでいる。はるのとは兄妹の関係。法学部所属で、検察官か弁護士を目指している。ちなみに音楽のセンスは皆無で苦手教科は音楽、リコーダーが全く吹けない。井野姉妹と仲良くなり、まるで”家族のように”信頼を寄せている。

三芦 はるの(みよし はるの)♀
高校2年生
記憶無
 芦屋 ひなの転生後。家庭環境に関しては隼冬での説明と同じで、はるのもバイトをしている。真白と同じ学校に通っており、無自覚女たらし(女子校の王子様的存在>>><<<)前世譲りの細やかな気配りが女子生徒に受けたらしい。あだ名ははるくん>><<
前世の記憶は綺麗さっぱり無く、性格もかなり変わっている。

三芦家について
今は三芦邸を引き払ったお金とバイト代でやりくりしている。ちなみに井野家から借りている小さな一軒家は結構格安だった。



上野 拓海(うえの たくみ)♀
記憶有 
 一般家庭に生まれ育つ。顔はクラスで1、2番目にかわいいんじゃね?って程度()前世では女装してて転生後は女の子に生まれるのを皮肉だと思ってたりなかったり。前世の経験から芸能人には絶対なりたくないと思っている



ラン
戦争終結後、不要となったために放置され、ずっと眠ってきた。誰かにまた起動してもらえるときを長い間夢見ている