読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🐥

主に創作で活動しています。創作っ子の設定置いたり、拙いお話を書いたりetc

うちの子がどうやら語るようです

ディケ「え、なになに?…今回は同性or異性されるとグッとくる仕草について語ります…?(カンペ見ながら」

唯亜「皆様たくさんのリプライありがとうございました…!」

レイ「…なんかメタいしグダグダの予感しかしませんね」

  • 学戦とオリヘタ-

唯亜「…貴方からどうぞ…?(ちら」

陽「言われなくても…!仕草…ではないけど、にっ、て笑いながら頭撫でられると、落ち着きます…!」

唯亜「私は扉の隙間や暖簾からひょこって顔を出されるのがかわいいと思いますの!」

陽「ふーん、えっと…エルドさん?は如何ですか…?」

エルド「俺?…うーん、目が合ったときにこって微笑んでくれるとどきってするかな…」

  • 魔学-

フォーカ「イリスはどうなんだ?」

イリス「眼鏡外す瞬間…ですかね、目とか細めてたら…きゅんてきます…///;あとはネクタイを緩めたりだとか…//」

フォーカ「なんだ惚気か」

イリス「違いますっ!そういう先輩はどうなんです…!?」

フォーカ「さりげなく服装直してくれると!!!きゅんときます!!!ネクタイとか!!」

イリス「え」

フォーカ「え??」

  • 神様-

ゼウス様「俺からな!!髪下ろしてる時がたまらんと思う!下ろした髪を片方に寄せたときに見える首筋とか、湯浴みした後の女性が髪下ろしてる時とか色気が…」

ディケ「うわ、気持ち悪…何気惚気入ってる気がするし…」

レイ「お父様…?」

ゼウス様「(´;ω;`)じゃあそういうディオはどうなんだよ!お前だって男だろ!?」

ディオ「俺!?んー…ぁ、食べ物をこう、両手で持って、もっもって美味しそうに食べてるところとか…?」

ディケ「ほら~!ちゃんとしてるじゃない!…で、レイちゃんはどうなの~?」

レイ「ちょっと!抱きつかないでください…!わ、私は…ただただそっと頭を撫でてくださるところ…?//」

ディケ「レイちゃんも惚気ることがあるんだねー!最後は私かな?私はね!腹チラがたまらんです!え?仕草じゃない?えー、じゃあ、くしゃって笑ったときかな…!」

ディオ「皆惚気じゃないか、まあ家族が幸せそうでよかったよ」




大変グダグダで申し訳ないです…